メニュー

【対談】身長が医療で伸ばせるって本当?日本一美容外科医と身長が激論

[2022.08.29]

 

身長先生 

今回は二重整形症例数全国No.1、二重症例数30,000件以上、HAAB×DREAM BEAUTY CLINIC代表の田中優太選手とのコラボです。 

 

田中優太先生はインスタグラムのフォロー数は何人ですか? 

 

 

田中優太先生 

5.8万人です。 

 

 

身長先生 

二重整形で5.8万人を超えてる先生っていますか? 

 

 

田中優太先生 

多分いないと思います。 

 

 

身長先生 

ですよね。 

美容医療だと友利先生を除けば1位ですよね。 

月何件いきました? 

 

 

田中優太先生 

500件以上はいってますね。 

 

 

身長先生 

500件も二重を作ってるんですか? 

すごいですね。 

では改めて自己紹介をしてもらってもいいですか? 

 

 

田中優太先生 

HAAB×DREAM BEAUTY CLINICの院長をさせてもらっています、田中優太です。 

よろしくお願いいたします。 

 

 

身長先生 

今回は二重整形のプロと、身長を伸ばすプロ対談してみて、違った印象の話だったりをしていきたいと思います。 

普段私がプロ目線の解説しかしないので、専門ではないお医者さんから質問を受けてみて、身長治療について解説をしていきますね。 

みなさんも参考になると思います。 

 

 

 

 

 

 

身長治療について知っていることは?

 

田中優太先生 

成長ホルモンを打ったりとかするのは知っていますが、実際何をしているんだろう?というのはあります。 

基礎的なことになって申し訳ないですが、身長治療って何をしているんですか? 

 

 

身長先生 

皆さん「なんで美容外科医と仲良いの?」と思うかもしれませんが、私が担当している身長を伸ばすという分野に関していうと、美容外科は似ているんです。 

身長治療は、病気ではないけど身長を伸ばしたい子が受けます。 

一重は全然病気ではないじゃないですか? 

ですが「もっと楽しい人生を送りたい」というところで二重の手術をしたりだとか、二重だけど少し広げたりとか、より良い人生を送りたいという気持ちでやっていますよね。 

そういう意味だと、実は身長も全く同じです。 

 

160cmだから問題とか全然そんなことはないじゃないですか。 

160cmでも最高の人生は送れるし、だけど165cmの方がもしかしたらもっと楽しいかもね、というところで、病気ではないけど身長を伸ばしたい子の治療をやっています。 

 

具体的に内容はと言われると、 

・栄養指導 
・生活習慣の改善 

など、期待値が低ければ薬物介入というというところで、成長ホルモン補充療法とかも行うことがあります。 

 

一番大事なのは最終身長を予測するということです。 

 

 

田中優太先生 

何cmになるか?みたいな? 

 

 

身長先生 

そこがめちゃくちゃ大事で、そこのメソッドを自分なりに確率していると思います。 

当たり前ですが、例えば「将来180cmになります」と言われた時に治療しますか?と言ったら、普通の人は治療をしませんよね。 

そこの見極めもめちゃくちゃ大事で、180cmになる人が180cmを希望だったら別に問題ないわけです。 

しかし190cm希望だったら、何か介入してあげなくちゃいけないのです。 

目標設定だったり、どこに向かっているのかというところを予測するのが結構大事になってきます。 

 

私のYouTubeチャンネルを見ている方は知っていると思いますが、身長先生の成長シートがあり、それで商標登録を取っています。 

その成長シートを使うと、最終身長を予測することができます 

 

 

田中優太先生 

レントゲンを撮ってとかそういうのではなくてですか? 

 

 

身長先生 

それもそうです。 

厳密な話をすると最終身長を予測する時に、5つの項目を参考にします。 

①現在の身長 
②過去の身長 
③骨のレントゲン(骨年齢) 
④思春期症状 
⑤両親の身長(遺伝身長) 

これで概ね結果が出ます。 

 

さらに出たものに採血結果を加味すると、さらに精度が増して予測できます。 

採血の結果とかを見て欠乏している栄養素を補充してあげたりだとか、生活習慣の指導をしたりだとか、場合によっては成長ホルモン注射をしたりだとかして、身長を伸ばすということをやっています。 

 

 

田中優太先生 

僕もいけますか? 

 

 

身長先生 

いやいや笑 

身長何cmですか? 

 

 

田中優太先生 

178cmぐらいですかね。 

 

 

身長先生 

もういいじゃないですか笑 

 

 

田中優太先生 

もうちょっと欲しいです笑 

 

 

身長先生 

 

そこが今の問題点というか、身長医療の難しいところで、子供しか伸ばせないんです。 

 

身長医療の難しいところ

 

身長先生 

みんなのイメージって、多分16歳とかから全然伸びると思ってるじゃないですか。 

 

 

田中優太先生 

思ってます。 

 

 

身長先生 

残念ながら無理です。 

例えば私のクリニックでは、15歳0ヶ月未満の人しか診ていません 

 

 

田中優太先生 

そうなんですね。 

身長が伸びている間はいけるかと思っていました。 

 

 

身長先生 

それが意外とダメなんですね。 

受験に例えると分かりやすいと思っていて、2〜3月が試験だとしたら、夏に塾に来てもらうと結構時間がまだあるじゃないですか。 

だから偏差値5〜10は上げることができるんですよ。 

しかし1月になって「先生!東大に行きたいです!」と言っても、偏差値5も上がらないと思います。 

むしろ1も上がるかどうかといった時期です。 

伸びていることはあるし時間がないとは言わないですが、変化率を起こすことができないのです。 

 

 

田中優太先生 

では早ければ早い方がいいですか? 

 

 

身長先生 

そう、その通りです。 

私は5歳になったら、全員最終身長を予測していいんじゃないかと思っています。 

 

 

田中優太先生 

もうそこから予測できるんですか? 

 

 

身長先生 

それも色んなことが言えるんですが、はっきり言ったらいつでも予測はできます。 

0歳でも予測できるし、いつ何歳でも予測はできるんですが、5歳ぐらいになると一気に精度が上がります 

 

 

田中優太先生 

それはすごいですね。 

 

 

身長先生 

今この日本の世の中に伝えたいことというかやったらいいのは、世の中の全員が最終身長予測をすればいいと思っています。 

最終身長予測は別になんの害もありません。 

別にそれが高ければ何もしなければいいわけですし、もっと低ければもう少し積極的にフォローアップしましょうと、そういったことをやればいいだけですから。 

それが私がやりたいことの1つです。 

というかやらなくちゃいけないと思います。 

どう思いますか? 

最終身長を知りたいですよね? 

 

 

田中優太先生 

知りたいと思います。 

特に親御さんとかはめっちゃ気になるんじゃないですか? 

 

 

身長先生 

私のYouTubeチャンネルはお母さんが視聴者としてすごく多いんですが、お母さんたちはまず最終身長を予測すればいいと思います。 

ただ僕のところで予測をすると3万円かかってしまうので、それがちょっと申し訳ないかなと思います。 

ただ1回の診察がすごく長いです。 

検査とか資料も10枚以上渡して、論文も20個・30個を1回で説明します。 

 

 

田中優太先生 

でも逆に3万で知れるんだったら全然いいですよね。 

適当な占いとかじゃないわけですし。 

 

 

身長先生 

ちゃんと理論立てて説明して、なおかつ欠乏している栄養素も分かるので、私としては高いというよりは・・・ 

 

 

田中優太先生 

まだ格安なんじゃないかなというような感覚ですよね。 

 

 

身長先生 

ただ治療の方に関していうと結構高くて、栄養指導とかだと1月あたり一番安い方で5,000円、一番高いと3万円ぐらいですかね。 

それも1年だと30万とかの値段になってきたりします。 

薬物介入までいくと年間あたり数百万とか、そこは少しオブラートに包みますが、かなりの高額がかかることもあります。 

 

ただ問題なのが仮に500万だとして、500万で本当に身長が伸びるんだったら人によっては安いでしょうし・・・ 

 

 

田中優太先生 

全然安いと思います。 

多分全然買う人はいると思います。 

 

 

身長先生 

本当にそこも面白いところだと思っていて、全ての人にとって500万が安いと言わないですし、人にとっては500万で身長が高くなるというのはありえないと思いますが、人によっては人生変えられるんだったらやってみたい、という人が多いのも事実です。 

それぐらい身長って価値があるんです 

だから私もやりがいを持ってできている、というところがあると思います。 

どうですか?身長治療は? 

 

 

田中優太先生 

すごいですね。 

めちゃくちゃ勉強になりました。 

全然知らなかったので、なるほどなって思いました。 

 

 

身長先生 

他に身長治療に関しての質問ってありますか? 

 

 

田中優太先生 

僕のイメージ、身長って男の子が伸ばしたいイメージがすごく強くて、正直男目線からすると女性は別にそんなに高くなくてもいいのかなっていうイメージです。 

小さすぎなければ。 

 

 

身長先生 

それは間違いないですね。 

 

女性の身長医療について

 

身長先生 

患者さんの7割が男性3割ぐらいが女性の比率ですかね。 

ただこれもちょっと面白いんですが、最近女性が増えてきています 

ここですごい重要になってくるのが、男性の方が身長を伸ばしやすいです。 

 

 

田中優太先生 

そうなんですか? 

 

 

身長先生 

女性の方が伸ばしにくいです。 

これは何でかと言うと、そもそもタイムリミットが女性はめちゃくちゃ早いんです。 

女性だと12歳とかでも受験の1ヶ月前ぐらい、もうほとんど止まったとは言わないですが、成熟してきている方が多くて、そこからなかなか身長を変えるのは難しいです。 

男性の方がまだやりやすいですね。 

実際に私のYouTubeもほとんど男性向けの内容になっており、女性向けのやつもたまに出しますが、再生数がめちゃくちゃ落ちます笑 

だから男性が圧倒的に多いですね。 

 

ただ女性でも少し増えてきているかなと思います。 

女性の身長に関する価値観っていうのも、男性ほどではないかもしれないですが、時代の流れとしてはやや高身長が望まれつつある時代になっているとは思います。 

例えばTWICEとか韓国系のアイドルの方ってスラッとしていますよね。 

あのようなスタイルが世界的には来ていると思います。 

しかし日本の場合だとどちらかというと、AKBとか3〜5cmぐらい低いのがアイドル的には求められているのかなと思います。 

 

 

田中優太先生 

日本は可愛らしい要素が人気だったりしますからね。 

 

 

身長先生 

だからそこら辺が、需要がどういう風に今後変化していくかによってまた変わるかなと思います。 

 

男性の身長医療について

 

身長先生 

男性だと170cmにいきたい人が多いですかね。 

というところと、多いパターンとしては「160cm予測になっちゃうので、それで何かしたい」みたいな子も多いです。 

 

 

田中優太先生 

確かに男だと170cmは欲しいみたいなのは小さい頃からありましたね。 

 

2人の過去の身長の話

 

身長先生 

私は今173cmぐらいで別に小さいわけではないですが、小さくて「170cmいくかな」ってずっと心配しながら中学生・高校生の時も過ごしたことをすごい覚えていて・・・ 

 

 

田中優太先生 

分かります! 

僕も本当にそれでした。 

 

 

身長先生 

いやめちゃくちゃ高いじゃん! 

 

 

田中優太先生 

いや僕ね、高1の時に160cmなかったんです。 

 

 

身長先生 

えー本当に!? 

 

 

田中優太先生 

本当に一番前だったんですよ。 

 

 

身長先生 

これめちゃくちゃ世の男性に勇気を与えますね! 

 

 

田中優太先生 

僕の親父が160cmなんです。 

母親が少し高くて163cmぐらいなんですよ。 

なので高1で160cmなかったんでもう終わったなと思いました。 

とにかく身長を伸ばしたいと思って、めちゃくちゃ早く寝てました 

21時ぐらいにずっと寝てて、そしたら身長が伸びていって、高3の時には175cmを超えてたので、2年間ぐらいでめっちゃ伸びました。 

 

 

身長先生 

その時に身長先生がいたらよかったですよね。 

 

 

田中優太先生 

その時に会いたかったです。 

 

 

身長先生 

そうですよね。 

私も本当にそう思っていて、当時身長先生がいたら安心できたと思いますよ。 

「大丈夫だよ!ここから伸びるから!」と。 

 

 

田中優太先生 

本当にあの時は夜ふかしとか絶対にしたくないと思っていたので、本当に毎日21時には絶対に寝てました 

 

 

身長先生 

だから本当にそういった意味でも、身長治療に熱が入っている理由というのが、そういった過去のコンプレックスというか、悩みがあったからこそみんなが喜んでくれることだと思ってやってるという感じですね。 

 

 

田中優太先生 

その時に予想ができたら「あぁよかった」ってなるかもしれないですもんね。 

安心材料として。 

 

 

身長先生 

なりますよね。 

それで期待の身長だったら別に治療をしなくていいわけですし、ただ足りなかった時に何か選択肢ができるって素晴らしいことですよね。 

 

自由診療について

 

身長先生 

例えば二重整形。 

絶対全員がやらなくちゃいけないわけではないですが、自分が一重の人生を送りたいのか、二重の人生を送りたいのか、それが選択できるって素晴らしいことですよね。 

そういう自由診療の世界は押し付けるものではないですし、その中でも患者さんに選択肢を与えるという意味だと素晴らしい医療だと思います。 

選択肢があって他の先生があんまりできないことだからこそ、全国から来ていただいているというのは本当に幸せですね。 

 

 

田中優太先生 

本当にそうですよね。 

 

まとめ

 

以上、田中優太先生とのコラボでした。 

普段とは異なる目線で身長治療について私の考えだったりをお話しできたので、もしかしたら参考になったかもしれません。 

 

 

院長の身長ブログでは身長に関する記事を多数公開していますので、参考にしてみてください。

 

 

また、当院では身長治療を行っております。

興味のある方は、こちらをご覧ください。

 

身長治療

当院の身長治療について

 

 

 

HOME

ブログカレンダー

2022年10月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME