メニュー

【膝痛注射】ヒアルロン酸注射の真実【毎週注射していいの?】

 

ヒアルロン酸注射をすると、膝のクッション作用として働くので、痛みが和らいだりする効果があります。 

再生医療は最先端の治療で、これからとても期待されている治療の1つです。 

 

東京神田整形外科クリニック、理学療法士の平野綾子です。 

 

今回は膝痛の方に対してヒアルロン酸注射の真実、というテーマについてお話しさせていただきます。 

 

「膝が痛くて注射って効くのかなぁ」と悩んで入る方、「毎週打ってもいいのかな?」と悩んでいる方、「注射以外の治療方法を知りたい」という方は、ぜひ最後までこの記事をご覧ください。 

 

今日お話しする内容は大きく3つあります。 

 

①ヒアルロン酸注射の効果 
②毎週打ってもいいの? 
③ヒアルロン酸注射以外の治療方法 

  

この3つをお話しさせていただきます。 

 

 

 

 

 

 

①ヒアルロン酸注射の効果

  

まず1つ目の、ヒアルロン酸注射の効果についてお話をさせていただきます。 

ヒアルロン酸注射の効果は、大きく分けて2つあります。 

 

膝の動きを滑らかにしてくれる 
膝のクッション性の作用 

 

1つ目の膝の動きを滑らかにしてくれるということについては、注射で膝にヒアルロン酸を入れることで骨と軟骨がすり減るのを守ってくれます。 

変形性ひざ関節症の方は、O脚などの変形により軟骨がすり減っていき、関節の動きが悪くなってしまいます。 

ヒアルロン酸を入れることで潤滑油のような働きをしてくれますので、関節の動きが滑らかになるといった効果があります。 

 

2つ目の膝のクッション作用はどういうことかと言いますと、加齢などによって筋肉量が落ちたり体重が増えたりしますと、膝に負担がかかります。 

そうすると軟骨がすり減っていき、関節の中のヒアルロン酸も減っていきます。 

そうすることによって、膝のクッション作用が弱くなってしまいます。 

なので、ヒアルロン酸注射をすると膝のクッション作用として働くので、痛みが和らいだりする効果があります。 

 

この2つの効果により、注射を打つことによって膝が楽になる、という効果を感じることができるようになります。 

  

②ヒアルロン酸注射は毎週打ってもいいの?

 

続いて2つ目の、毎週打ってもいいのか、というテーマについてお話ししていきます。 

こちらの質問はかなり多くの患者さんから頂いておりますので、皆さんがしっかりと分かりやすいように説明をさせていただきます。 

 

今回はJournal of Experimentai Orthopaedicsというジャーナルの中で、ヒアルロン酸注射の効果について書いてあるものがありましたので、そちらを参考にしてお話をさせていただきます。 

 

結論から言いますと、ヒアルロン酸注射を打ったほうが痛みや動きが改善されやすい、と言われています。 

細かく見てみましょう。 

 

対象:変形性膝関節症の方 
方法:ヒアルロン酸注射を週に1回を5回 
評価方法:膝の痛みや動き 
結果:ヒアルロン酸注射を打つ前と比べて週に1回を5回打った方が、膝の痛みや動き、または日常生活の動きが改善された 

 

このジャーナルを見ると、ヒアルロン酸注射は毎週打った方がいいのではないかと考えられます。 

しかし実際にはヒアルロン酸注射が効かなかったり、2〜3日で戻ってしまうといった方もいらっしゃいます。 

ヒアルロン酸注射は全員に効く万能薬ではないので、人それぞれ適したものがあります 

効かない方にはヒアルロン酸注射以外の方法もありますので、次のテーマでお話をさせていただきます。 

 

③ヒアルロン酸注射以外の治療方法

  

続いては3つ目の、ヒアルロン酸注射以外の治療方法についてお話をさせていただきます。 

結論から言うと、ヒアルロン酸注射以外の方法は2つあります。 

 

1.リハビリ 

2.再生医療 

 

1.リハビリについて

 

1つ目のリハビリは、主に筋力をつける運動でしたり、関節を柔らかくするストレッチなどを行っていきます。 

実際にはヒアルロン酸注射を打つだけよりも、リハビリとセットで行った方が効果的です。 

注射を打っているだけでは筋肉はつきません 

どんどんどんどん変形をしていってしまいます。 

 

実際にOARSIいう国際関節症学会から出ている、推薦されている治療方法があります。 

5段階評価のうち、1番推奨されているもの中に運動があります。 

運動というのは先ほども言ったように、筋力をつけたり、関節を柔らかくするストレッチだったり、バランスを整えるバランス練習だったり、歩いたり減量になります。 

つまり、世界的に見ても注射だけを行うよりも運動やリハビリを行いながら、注射が必要な方は運動とセットで行うことが、適切な考えかと思います。 

 

実際にリハビリをしていても感じることは、リハビリを行いながらセットで注射も行い、膝の向きを滑らかにしていく方が、膝の変形の進行も遅らせることができると思います。 

今整形外科に通っていてリハビリを行っていないという方は、是非リハビリもセットで行ってみてください。 

  

2.再生医療について

 

続いては再生医療について説明していきます。 

最新医療は最先端の治療で、これからとても期待されている治療の1つです。 

PRP-FD注射というものがあります。 

詳しい情報は、こちらの記事か動画でご覧ください。 

 

 

日本でトップクラスの膝の再生医療の件数を持つ、横田医師が直接説明をしています。 

 

変形性膝関節症の方は、初期はヒアルロン酸注射も効きやすいのですが、進行してくると効きにくくなってくるもいらっしゃいます。 

今までは進行してしまうと手術ヒアルロン酸注射を打ち続けるという2択の選択肢しかありませんでしたが、今は医療も発展して再生医療という選択肢も増えました。 

このPRP-FD注射というものを、簡単に説明していきます。 

 

PRP-FD注射のメリット

 

メリットの1つ目は適用範囲が広いということです。 

変形性膝関節症の初期から進行期まで対応しています。 

 

ヒアルロン酸注射は初期の方は効きやすいんですが、進行期の方は効きにくくなってくるので、手術をしたくない方で少しでも進行を遅らせたいという方はPRP-FD注射をご検討なさってみてください。 

 

メリットの2つ目は頻度が少ないということです。 

ヒアルロン酸注射は毎週打ちますが、PRP-FD注射は1回から複数回になります。 

 

メリットの3つ目は副作用は少ないということです。 

手術やヒアルロン酸注射を毎週を打つと感染症などのリスクもありますが、PRP-FD注射は1回から複数回で終わりますので、頻度も少なく注射の痛みも少ないので感染症のリスクも低いです。 

 

海外の論文をご紹介いたします。 

Journal of Orthopaedics and Traumatology  

David氏らが発表した論文になります。 

 

この論文では、変形性膝関節症の患者さんに対してPRP注射を行い、52週間のフォローアップを行い、変形性膝関節症患者のヒアルロン酸注射、または飲み薬の痛み止めと比べて臨床的改善があったと報告されています。 

 

PRP-FD注射のデメリット

 

ここまではメリットをお伝えしましたが、デメリットもあります。 

再生医療は保険が効かない治療となりますので、費用は自己負担になります。 

詳しくはこちらの記事や動画からご参照ください。 

記事>>【膝の再生医療】名医が教える再生医療のメリット・デメリットについて【変形性膝関節症】

 

 

これらを踏まえると、ヒアルロン酸注射は全員に効く万能薬ではないので、人それぞれ適したものがあります。 

一度膝のレントゲン撮り、膝の状態を確認してその人に合う治療方法、 

・リハビリ 
・注射 
・再生医療 

などを一緒に選んでいく、ということが患者さんにとっても一番良いのではないでしょうか。 

 

まとめ

 

ではまとめに入ります。 

今回はヒアルロン酸注射の真実、というテーマについてお話をさせていただきました。 

今までの話をまとめると1つ目のヒアルロン酸注射の効果は、大きく分けて2つあります。 

 

膝の動きを滑らかにしてくれる 
膝のクッション性の作用 

 

2つ目のテーマの、毎週打ってもいいのかについてはジャーナルを参考にしましたが、結論から申し上げますと、ヒアルロン酸注射を打ったほうが膝の痛みや動きが改善されやすいというふうに言われています。 

 

3つ目の注射以外の治療方法というテーマについては、 

リハビリ 
再生医療 

この2つがあります。 

 

リハビリについては注射だけを行うよりも、リハビリと注射をセットで行った方が効果的です。 

再生医療については、今までは膝の変形が進行してしまうと手術かヒアルロン酸注射を打ち続ける、といった2択の選択肢しかありませんでしたが、新しくPRP-FD注射という選択肢が増えました、 

なのでその人に合う治療方法 

・リハビリ 
・注射 
・再生医療 

その人に適したものを一緒に選んでいくということが、患者さんにとって一番良いのではないでしょうか。 

 

これからも膝痛やO脚で悩んでいる方に向けて膝に関する情報を一生懸命配信していきます。 

「歩いたりしゃがむと痛い」「運動をやりすぎると痛くなってしまう」「自己流で運動すると痛めるから専門家に診てほしい」こんな方はぜひ、膝痛開放ブログのチェックと膝専門YouTubeチャンネルのチャンネル登録をよろしくお願い致します。 

 

また質問がある方は、YouTubeのコメント欄よりよろしくお願い致します。 

 

予約はこちらでできますので、よろしくお願い致します。 

Web予約 

 

以上、理学療法士の平野綾子でした。 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME