メニュー

再生医療治療

1再生医療概要

1-1急成長の再生医療分野   

1-2当院の再生医療はこんな方におすすめ

1-3再生医療の原材料は大きく分けて脂肪か血液

1-4再生医療の適応疾患は膝関節だけ? 

1-4-1適応疾患概要

1-4-2変形性膝関節症に対する再生医療特集ページ

1-5当院の再生医療治療メニュー 

1-6治療効果を高めるためにはリハビリ 

1-7どれくらい良くなるのか?

2GOLDIC(PRP-GOLD)    

2-1GOLDIC(PRP-GOLD)とは  

2-2GOLDIC(PRP-GOLD)はこんな方におすすめ 

2-3GOLDIC(PRP-GOLD)治療スケジュール 

2-4こんな方は治療が受けられません   

2-5ご料金

3PFC-FD(PRP-FD)     

3-1PFC(PRP)-FDとは 

3-2PFC(PRP)-FDはこんな方におすすめ 

3-3PFC(PRP)-FD治療スケジュール 

3-4PFC(PRP)-FDが受けられない方 

3-5ご料金

4幹細胞培養上清液

 4-1幹細胞培養上清液とは

4-2幹細胞培養上清液はこんな方におすすめ

 4-3幹細胞培養上清液治療スケジュール

4-4幹細胞培養上清液が受けられない方

 4-5ご料金

 5脂肪幹細胞培養(現在導入準備中)

 6ご予約方法について

    7.もっと再生医療について詳しくなりたい方へ

1再生医療概略

再生医療は私院長の専門分野になってまいります。最も愛している、

情熱を注いでいる治療にもなってまいります。

いつの日か再生医療の名医と呼ばれる日を夢みて努力しております。

院長の詳しいプロフィールはこちら!

尚、下記の一連の文章は

院長の田邊が直接記載しております。

1-1急成長中の再生医療分野

皆様もご存知の通り再生医療に対する社会全体からの期待は大きく、今まで治すことの出来なかった病気への新しいアプローチとして注目されております。2012年には京都大学の山中教授が再生医療研究に対してノーベル賞を受賞されたことは皆様も記憶に新しいのではないでしょうか?経済産業省の報告によれば2030年には5500億円、2050年には1.3兆円の市場規模が予測されており、現在皆様が一般的に抗癌剤や抗生剤が病院で処方されているのと同様に、再生医療も今後一般化されていくことが予想されます

 

 

 

1-2当院の再生医療はこんな方におすすめ!

ですもし当てはまる方がいらっしゃいましたら是非最後まで一読下さい。

✔️膝が痛い!(当院で再生医療を受けられる方の50-70%はお膝が対象です)

✔️変形性膝関節症と診断された

✔️半月板損傷と診断された

✔️人工関節手術を勧められらたがまだ手術はしたくない

✔️骨切り手術を勧められたがまだ手術はしたくない

✔️ヒアルロン酸注射が効かない

✔️リハビリテーションを行っても効かない

✔️他の病院では膝以外の再生医療はやっていないと言われた(院長は今まで、膝は勿論のこと肘、手、股関節、肩、腰などの他部位での治療経験も豊富にございます

 

1-3再生医療の原材料は大きく分けて脂肪か血液

再生医療は細胞治療とも呼ばれることがございます。それは脂肪"細胞"や血液"細胞"を原材料とし治療薬を作成するためです。脂肪細胞から作成されるものの代表が幹細胞治療であり、血液細胞から作成されるもの代表がPRPになります。現在では、それらは更に進化を遂げており、脂肪細胞から得られた幹細胞をどのように更に加工するのか?血液細胞をどのように加工し進化したPRPをどのように作成するか?などに注目が集まっております。

1-4再生医療の適応疾患は膝関節だけ?

1-4-1適応疾患概要

整形外科領域における再生医療の適応は非常に幅広く、ほぼ全身に使用可能と考えて頂いて大丈夫です。ただし、その中でも最も研究が進んでおり効果の高いのが膝関節だとお考え下さい。私も今まで治療させて頂いている患者様の7割は膝関節の方になります。一方で、股関節、肘、肩、アキレス腱、手、腰などの治療経験も勿論ございますので、お困りの方は一度ご相談下さいませ。私の経験上、膝の次にお勧めになるのが股関節や肘関節になるかと思います。

 

1-4-2変形性膝関節症に対する再生医療特集ページ

変形性ひざ関節症を再生医療で治そう!

様々な関節で再生医療は有効ですが、その中でも膝!特に変形性膝関節に対する再生医療について上記記事でまとめてみました!

 

膝の痛み外来

保険診療内での治療を受けたい方はこちらのページをご覧下さい。

当院でヒアルロン酸注射、リハビリなどを保険診療で受けることが出来ます!

膝の痛みに関してドクターズファイルから取材を受けました!

詳しくは上記リンクにてご確認下さい!

 

半月板損傷を再生医療で治す!?

 

膝関節痛に対して整形外科クリニックが出来ること

 

1-5当院の再生医療治療メニュー

現在、開院時のラインナップとしましては、PRPの進化版であるGOLDIC(PRP-GOLD)及びPFC-FD(PRP-FD)、そして脂肪幹細胞培養上清液の三種類をご用意させて頂きたく存じます。また今後は準備整い次第脂肪幹細胞培養、SVF治療(非培養)などの準備も進めて参りたく存じます。

1-6治療効果を高めるためにはリハビリ

リハビリの併用を強くお勧めしております。

やはり、運動器ですので、注射だけで化学的に治すだけでなく適切に動かし筋骨格系を呼び覚ましながら回復を目指すことが望ましいと考えます。

当院には60平米を超えるリハビリ室に有国家資格者の理学療法士がリハビリを提供致します。

再生医療とリハビリテーション(整形外科領域)

 

1-7どれくらい良くなるのか?

どれくらい良くなるのか?という質問は非常に難しい質問であり、まさにケースバイケース患者様次第であると言えると思います。しかし、そこは私も専門家でありますのである一定の答えは存在致します。再生医療全体を通して見れば部分的に軟骨が再生したという報告も散見致しますが、患者様におかれましての治療効果実感と致しましては疼痛機能改善につきると思います。特に疼痛改善をご希望される方が多くいらっしゃるかと存じますが、疼痛改善に関しましては主治医判断ではなく患者様自身の判断になりますため、アンケート調査によって疼痛評価を行います。そのアンケート結果に基づけば、疼痛は平均で約40-80%減少が見込めると考えられます。一方で残念ながらにも全く効果の得られない方もいらっしゃいます。診察によって有る程度どの程度改善が見込めるか?という予想もたてられますので一度御来院いただければと存じます。

2GOLDIC(PRP-GOLD)

2-1GOLDIC(PRP-GOLD)とは

PRPの進化版とも呼べる治療になります。

患者様ご自身の血液と金を反応させ作成する治療法になります。

ドイツ発祥の治療になり、フランス、スイス、オーストリア、スペイン、イギリス、アルゼンチン、チリ、デンマーク、メキシコ、オランダ、ペルー、ポーランド、ポルトガル、セルビア、トルコなどの全世界で使用されている治療法になります。

 

2-2GOLDIC(PRP-GOLD)はこんな方におすすめ

✔️変形性ひざ関節症と診断された方

✔️PRP、APS、PRP-FD、幹細胞培養上清液、幹細胞培養、幹細胞非培養治療などの他の再生医療の効果が得られなかった方

✔️ヒアルロン酸が効かない方

✔️リハビリテーションが効かない方

2-3GOLDIC(PRP-GOLD)治療スケジュール

血液加工に最低1日かかりますので、当日来院当日施術は出来ません。

基本的には週1のペースで4回注射を行って参ります。

治療スケジュール例

8月3日 採血

8月5日 1回目注射

8月12日 2回目注射

8月19日 3回目注射

8月26日 4回目注射

2-4こんな方は治療が受けられません

金(GOLD)を使用するため原則金属アレルギーの方は治療出来ません。

2-5料金

料金:4本 44万円(税込み)

3PFC-FD(PRP-FD)

  3-1PFC(PRP)-FDとは 

現在、日本で最も汎用されているタイプの血液治療になります。

患者様から49ccの血液を採取し、国の認可細胞加工施設に郵送。

感染症検査を行いクリアしたものだけが、PRPへの作成へとうつります。

そして、さらにFD(フリーズドライ)加工を行い。長期保存効果を可能にし、また成長因子を濃縮し

治療効果を高めた、PRPの進化版の治療になります。

従来のPRPの成長因子が約2倍程度含まれているという報告もございますため、通常のPRPの効果が

もう一つだった方にも有効になります。また長期保存が可能であるために、痛みが酷くなった時のため用に保存しておくことも可能です。

  3-2PFC(PRP)-FDはこんな方におすすめ 

✔️変形性ひざ関節症と診断された方

✔️PRP、APS、GOLDIC、幹細胞培養上清液、幹細胞培養、幹細胞非培養治療などの他の再生医療の効果が得られなかった方

✔️ヒアルロン酸が効かない方

✔️リハビリテーションが効かない方

  3-3PFC(PRP)-FD治療スケジュール 

注意:血液加工に約3週間程度かかりますので、当日来院当日施術は出来ません。

治療スケジュール例

8月3日 採血

8月24日 注射

また、症状に応じて1-2ヶ月おきに3回程度繰り返し打つ方法もございます。

  3-4PFC(PRP)-FDが受けられない方 

HIV HCV HBVなどの感染症の方は血液加工が出来ないため治療を受けられません

  3-5ご料金

料金:29万円(税込み)

現在開院キャンペーンにつきお得なモニター価格もございます。

お気軽にお問い合わせ(お電話:03-5295-2020)下さいませ。

PRP(PFC)-FD価格費用比較

 

4脂肪幹細胞培養上清液

4-1幹細胞培養上清液とは

 

脂肪幹細胞培養の上清液を使用した治療になります。

幹細胞治療におけるパラクライン効果を最大限に有効活用した治療になります。

従来の方法よりも多くの成長因子を含んでおり(特許申請中)、

幹細胞から分泌される100種類以上の成長因子等が含まれております。

良質なヒト幹細胞から得られる成長因子を抽出し凍結乾燥させることで、ドナー提供者の問題や保管の問題などをクリアしました。

ご高齢すぎる幹細胞の場合効果が低くなる可能性などが考えられますが、当治療では良質なヒト幹細胞のみを原料とするためその心配がございません。

VEGFの発現が向上しているのも特徴の一つとなります。

4-2幹細胞培養上清液はこんな方におすすめ

✔️幹細胞培養治療をやりたいが金銭的に、、、、

✔️PRP、GOLDIC、APSが効果がなかった方

4-3幹細胞培養上清液治療スケジュール

1〜2週間に1回のペースで6回注射することをお勧めしております。

この治療は当日施術も可能なタイプの治療になります。

ただし、在庫に限りがございますので、当日施術の方は必ず事前にお電話等にてご確認下さいませ。

4-4幹細胞培養上清液が受けられない方

特にございません

4-5 ご料金

料金:1本 6万円(税込み)

5脂肪幹細胞培養 (現在導入準備中)

幹細胞治療は現在、培養治療、非培養治療、培養上清液治療の三種類に分けられます・

その中で、幹細胞培養治療は当然ではありますが、幹細胞数がもっとも多く存在致します。

幹細胞による治療効果を大きく分けて二つあると言われています。

一つは幹細胞自身が分化し軟骨などになること。

そしてもう一つは幹細胞から出る成長因子によるパラクライン効果を期待したものになります。

幹細胞培養治療ではこの両者の治療効果を期待できることから選ばれる治療となっております。

一方で、デメリットとしては非常に高額であり(当院ではまた導入出来ておりませんが)現在100ー200万程度と非常に高額であること。

脂肪採取自体がやや患者さんにとって身体の負担があること。

幹細胞を培養するのに2−6週間程度時間を要することなどが挙げられます。

私は幹細胞治療 Cytoriブロンズパートナーを2019年に獲得しております。いつでもお気軽にご相談下さいませ。

 

6ご予約方法について

再生医療の初診は比較的時間がかかることが多いです。

一般外来(10:15〜13:00, 15:30〜19:00)の間でも勿論診させては頂きますが、

可能であれば特別外来(14:30〜15:30)の枠(特に料金等は変わりません)でご予約いただければゆっくりと30分お話させていただくことが可能になります。是非ともご検討下さいませ。

まずは、お電話(03-5295-2020)やLINEでのお問合せをお待ちしております。

また御来院の難しい方はオンライン診療でのご相談も受け付けております。そちらもお電話もしくはLINEにてお問い合わせ下さいませ。

 

再生医療外来専用ウェブ予約システムはこちらになります。

https://chouseisancal.com/tokyo.kanda.saisei

7もっと再生医療について詳しくなりたい方へ

再生医療特集ページ(手術をしないで膝の痛みを治したい方へ!)

再生医療についてもっと詳しく知りたい方はこちらの再生医療特集ページをご覧下さい!

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME