メニュー

【朗報】お医者さんに変形性膝関節症が治らないと言われてショックなあなたへ【院長解説】

[2022.06.15]

 

東京神田整形外科クリニック、院長の田邊です。 

こちらの記事は、膝が痛くて病院に行ったらお医者さんに「あなたは変形性膝関節症なので治りません」と言われてショックを受けた、そんな方にお送りする内容となっています。 

 

もしそういう風に最近言われた方がいましたら、ぜひ最後までご覧になってみてください。 

最後に皆様に希望の光を私はお伝えしたいと思います。 

 

 

 

 

 

 

変形性膝関節症とは

 

まず1つの大きなポイントとしては、加齢性の変化であることです。 

歳をとってきて、少し劣化してきたという表現になります。 

特にですが、軟骨が劣化していくようことを指して変形性膝関節症と呼びます。 

 

実際は軟骨だけが摩耗していくわけではなくて、靭帯や半月板など複数のものが総合的に痛んでいくような形になります。 

その中で、特に軟骨を指すことが多いです。 

 

お医者さんが治らないと説明した理由

 

こんな変形性膝関節症なんですが、お医者さんが治らないと説明した理由を解説していきます。 

大きく分けると治らない理由2つあります。 

 

①加齢性変化であること 
②軟骨が痛んでいる 

 

この2つをもう少し詳しく解説させてください。 

 

①加齢性変化であること 

 

いわゆる加齢性に伴う軟骨の劣化になりますので、「加齢性に伴う」は絶対に変えられません。 

タイムスリップは絶対にできませんという意味になります。 

 

②軟骨が痛んでいる 

 

軟骨はほぼ血流がなく、一度傷がつくとなかなか治りにくいと言われています。 

そういったところを掛け合わせてお医者さんは「あなたは変形性膝関節症のため治りません」という風に説明したのだと思います。 

 

ですのでそのお医者さんの性格が悪いとかそういったことではなくて、事実を伝えたいう表現になりますし、医師はしばしば悪いニュースを患者さんに伝えなくてはなりません。 

そのため、非常に正直で真面目なお医者さんだとも言えます。 

 

変形性膝関節症を治す方法

 

それでは変形性膝関節症を治す方法をお伝えしていきます。 

基本的にタイムスリップは同じようにできませんので、そこは事実になります。 

時は常に無情です。 

歳を取らない方法を私も教えてほしい!そう思っていますけどもそれは無理です。 

ですので必ず劣化します。 

家や車でもなんでもそうですよね。 

去年よりは今年、今年よりは来年・・・というように必ず劣化していきますので、そこは仕方ないです。 

ただしその中で膝関節はどのような目的があるのか、ということをもう一度考えたいと思います。 

 

関節の目的というのは、痛くなく自分の思った通りに動かせることが関節の目的になります。 

それを達成できれば「治った」と表現もできます。 

そういった意味で私は「変形性膝関節症は十分治りますよ」というような表現を使うことがあります。 

 

具体的にどのような治療かというと、注射やリハビリなどになります。 

注射は皆さんご存知かもしれませんが、ヒアルロン酸注射などが該当します。 

 

最近は「ヒアルロン酸注射は効果がない」なんて説明する先生もいらっしゃるのは知っています。 

例えばヒアルロン酸を軟骨に塗っても軟骨が再生するわけではないので、そういった意味ですと、ヒアルロン酸を打つことによって若返りはしないので「ヒアルロン酸は治らない」と表現するのも一理あると思います。 

 

ただし私も実際に今までたくさん治療していますが、適切な形でヒアルロン酸注射による治療を行うことで症状が良くなる患者さんもたくさんいますので、そこをご理解いただければと思います。 

先ほどお伝えした関節の目的、「痛くない状態で思った通りに動かせる」というのはヒアルロン酸で痛みを取った状態で、リハビリをして動きを獲得するということで十分可能になります。 

そういった意味では十分に治すことができると思います。 

 

最近はヒアルロン酸だけではなく、再生医療と呼ばれる治療もあります。 

具体的には、血液や脂肪から得た栄養成分(成長因子)を膝に注射する治療です。 

この再生医療であれば、修復を促すような効果もあると言われています。 

自費診療のため高い場合もありますが、こういった先端の治療もありますので諦めずに変形性膝関節症と戦っていただきたいと思います。 

 

まとめ

 

今回は、膝が痛くて病院に行ったらお医者さんに「あなたは変形性膝関節症なので治りません」と言われてショックを受けたあなたに向けてお送りさせていただきましたが、いかがだったでしょうか。 

 

当院でも変形性膝関節症の治療を行っていますので、ご検討いただければと思います。 

 

 

膝痛解放ブログも更新していますので、チェックしてみてください。

 

HOME

ブログカレンダー

2022年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME