メニュー

筋トレすると身長伸びないのは嘘?その真偽について解説!

[2021.10.19]

 

【恐怖】筋トレすると身長伸びない!?【身長先生に聞け21】

 

今回は皆さんから頂いた身長に関する質問に対して答えていきます。

 

 

 

 

 

 

Q1. 筋トレしすぎると、身長は伸びなくなりますか?

 

筋トレしすぎると、身長は伸びなくなりますか?

 

A.

 

いくつかポイントがあります。

これだけは絶対に覚えて頂きたいポイントとしては、筋トレは成長ホルモン分泌を促します

どちらかというと身長にとってはプラスな側面です。

そういった意味だと、筋トレはGoodです!

 

一方で筋トレが懸念される内容です。

筋トレをすることによって筋繊維が破壊されます。

そしてそこの栄養が補充されます。

そこで筋肉が成長して太くなっていく、という形になりますので、そういった意味だと栄養をたくさん吸収したのに筋肉にどんどん栄養が持っていってしまわれると、身長が伸びにくくなるという形になります。

つまり筋トレは、伸びる側面と伸びない側面があることになります。

 

ではどうすればいいのかというところなんですが、2021年4月の時点ですと、自重筋トレはOKで、高重量の筋トレはオススメしません

やるのであれば腕立て・腹筋・スクワットなど、自重でやる程度であれば良いという表現になってきます。

筋トレをやらなくてはいけないというわけでもないので、どちらかと言うと全身運動をオススメします。

サッカー・バスケ・水泳など、そういった全身を使った運動をやって頂いた方が、先程の理論からすると成長ホルモンをうまく分泌して、筋破壊をそんなに起こさないでというところの方が理にかなっていると思います。

 

Q2. 思春期症状が早く出ても晩熟の場合はありますか?

 

思春期症状が早く出たのにも関わらず晩熟の場合はありますか?

 

A.

 

あります。

ただし一般的ではありません。

一般的には早く思春期症状が出た人の方が、早く成長が完成していくわけですので、一般的ではないです。

ただし理論上はあり得ます。

 

具体的にいうと、男性ホルモンが少し出始めた時期だけれども、そこから男性ホルモンが全然出てこないでちょっとしか出なかったりすると、思春期症状が長くなります。

男性の値でも1番出てない人と1番出ている人で、6〜7倍ぐらいの差があります

思春期症状に入ってからも男性ホルモンがたくさん出ているタイプと、あんまり出てないタイプと別れます。

当然たくさん出ているタイプの方が身長が伸びる期間が短くなりますので、逆のパターンとして思春期症状が早く出たのにも関わらず、晩熟の場合は理論上あり得ます

医療介入という形で思春期症状を遅らせるなんていうことも、みられる場合もあります。

 

Q3.成長期の期間ってどのぐらいですか?

 

成長期の期間ってどのぐらいですか?

 

A.

 

まず成長期について十分ご理解頂きたいのですが、ここで指す成長期はつまり2次成長期のことだと思います。

いわゆる思春期症状が始まってからどのぐらい身長が伸びるかというところなんですが、2次成長期の期間についてお話させて下さい。

 

1つ目のデータとしては、男性の場合11歳半〜12歳頃から思春期の第2次成長期が始まります

13歳頃に身長のピークとなり、15歳ごろから身長の伸びが落ちてきます。

そうしますと、2次成長期のグングン伸びるのは12歳〜14歳の3年間程度、という表現ができるかもしれません。

 

女性の場合、9歳〜10歳ぐらいにかけて少しずつ身長の伸びが上がってきます。

ピークは10歳〜12歳で、11歳が特にピークです。

 

Q4.ストレッチやぶら下がりは身長は伸びますか?

 

お風呂上がりにストレッチをやっています。

それと朝起きたらぶら下がっています。

これらを毎日やっているのですが、伸びますか?

 

A.

 

まず1つ目のお風呂上がりのストレッチですが、私は良いと思います

もちろんストレッチをやったから5cm・10cm伸びるということはないと思いますが、ただ自分の最大限の身長に到達するためにやってらっしゃると思うので、そういった意味だと良いと思います。

筋肉を柔らかくして寝た方が良いと思いますし。

 

あとは朝起きた時にぶら下がっているということですが、これは個人的にはかなりオススメです。

エビデンスレベルで言うと、当然そんなにエビデンスが高い話ではありません。

朝と夜で身長は1〜2cmとか、全然違う人は3cmぐらい身長が違うのですが、朝の身長をできるだけ高くするという側面を、朝起きたらぶら下がるというのは効果があります。

最高身長を常に更新し続けるというのはおそらく身長にとってもプラスになると思うので、実はこれは良いのではないかと思います。

 

Q5.睡眠サプリに含まれる成分は成長ホルモン分泌に関係しますか?

 

睡眠サプリに含まれるGABA・トリプトファン・L-テアニン・グリシンなどが、成長ホルモンの分泌に関係するのか詳しく知りたいです。

 

A.

 

今回はワンポイントだけお伝えさせて頂きます。

GABAに関して言うと、副交感神経系が優位になっていって、睡眠の導入に良いというのは有名な話です。

その事からも、幾分か成長ホルモンの分泌にとってもプラスに働くと思います。

 

Q6.父親が晩熟の場合自分も晩熟ですか?

 

父が高1で150cm後半で高2辺りから大人になっても伸びて166cmまで伸びたと言っていました。

僕は高1で父と同じ身長なんですが、僕も後から伸びるんですかね?

ちなみに母は158cmです。

 

A.

 

簡単に言うと、父親が晩熟の場合自分も晩熟なのかという質問だと思います。

伸びる可能性はあると思います。

期待して頂いても良いかなと思います。

ただし晩熟が100%遺伝するかというと、100%遺伝するものではないので注意が必要です。

 

Q7.昨年2cmしか伸びていないのですが今年2cm以上伸びますか?

 

ここ1年間あまり運動ができていない中学3年生です。

1年間で約2cmしか伸びていないのですが、高校で運動部に所属したら2cm以上伸びることはありますか?

 

A.

 

まず最初に覚えて頂きたいポイントは、16歳0ヶ月〜17歳0ヶ月まで平均1.5cm程度伸びます

2cm以上伸びるというのは、平均以上に身長が伸びるという形になりますので、身長を伸ばすためにできることをしっかりやっていくことが大事です。

 

また、一般的に思春期症状が後半になりつつある年齢の時は、基本的には昨年伸びた身長の半分ぐらいが期待値となります

昨年2cmであれば、今年は1cm程度の身長の伸びが期待されますので、そういった意味だと2cmというのはかなり目標が高いことが分かります。

ですので、運動部でしっかり運動して頂き、睡眠・食事をしっかり取って全力でやって頂いて、年間2cmの成長を目指して頂くと良いのではないでしょうか。

 

Q8.寝る前に読書をすることは良いことでしょうか?

 

よく眠れるように寝る前に読書をすることは良いことでしょうか?

 

A.

 

良いでしょう。

ただし基本的に眠れるためにするのではなくて、知識・知恵・先人の色々な経験を吸収する、もしくは想像力を高めるため、エンジョイするために読むようなものですので、睡眠の質を上げるために読むのはちょっと変な感じがすると思います。

ただしスマホとかでブルーライトを浴びながら読むというよりは、紙の読書でやって頂く方が良いのではないでしょうか。

 

Q9.柔道は全身運動に該当しますか?

 

柔道部なのですが、柔道は身長に効果のある全身運動に該当しますか?

 

A.

 

該当します。

是非やって下さい。

他に全身運動にどのようなのが該当しますか?というところですが、腕相撲は全身運動に該当しません。

一方で全身運動に当てはまるのが、サッカー・野球・バスケットボール・水泳・ランニング・縄跳び・ダンス・卓球・バドミントン・etc…

是非皆さん全身運動をして下さい。

 

Q10.音楽と身長は関係しているのか教えてください

 

先日「height increase」と調べ身長について海外の方が挙げている動画を検索していたところ、「Grow taller」という音楽を聴いて身長を伸ばすという動画が出てきました。

自分は最初は疑っていたのですが、コメント欄を見てみると9割5分くらいの人が「効果があった」と書いています。

音楽と身長は関係しているのですか?

またこれらの効果について教えて頂きたいです。

 

A.

 

海外の情報ということで、どのような動画の内容かなというところで実際に見てみないとなんとも言えないんですけども、まず最初1つ目のコメントとしては、コメント欄に9割5分の人が「効果があった」と、本当にそういう風に皆さん効果があったのであればあなたも効果があるのではないでしょうか。

別に海外の人と日本の人で違うということはないと思います。

 

ただし一方で音楽だけを聴いて身長が伸びるかと言われると、ちょっと疑問に思います。

ただし全くの無音の世界に仮に生きるとすれば、音楽とか色々な音の吸収がある方が体にとってはプラスの刺激になると思います。

先日どこかの動画・ブログでもお話したと思いますが、運動する時に音楽を聴くとメンタルが鼓舞されてパフォーマンスが上がり、良い意味で成長ホルモンの分泌を促してくれます

あとリラクゼーションの音楽は睡眠の質の向上にもつながる可能性がありますので、そういった意味だと音楽を活用してより豊かな人生を送って頂くというのは、身長にとってはプラスだと考えます。

 

Q11.オスグッドを引っ込めることで身長は伸びますか?

 

オスグッドで骨がボコッと出っ張っているのですが、これを引っ込めることで身長は伸びますか?

18歳165cmの男です。

 

A.

 

オスグッドは皆さんもご存知かなと思いますけど、脛のボコッとなるような部分ですね。

病気という表現は少し厳しすぎますけども、よくある症状の1つです。

「引っ込めることで」ということですが、引っ込めるというのはどうやって引っ込めるということを仰って頂いているのかという疑問がまず1つ目です。

あとはそれを引っ込めたことによって身長が伸びるか、というのは正直分かりません。

 

Q12.晩熟の場合高校生になってから何cm伸びますか?

 

晩熟は高校に入っても何cm伸びるんですか?

 

A.

 

まず最初のポイントとして、16歳0ヶ月から最終身長まで約2.0cm程度伸びます。

例えば1年分晩熟と仮定すると、15歳0ヶ月から最終身長まで3cm伸びるわけですから、1年晩熟であれば3cm最終身長までに伸びる、という表現になります。

2年分他の人より晩熟であれば8cm身長が伸びるような形になりますので、何年分晩熟か・何ヶ月分晩熟かによって答えが変わってきます。

 

Q13.17歳の女の子でもまだ身長は伸びますか?

 

17歳の女の子はまだ身長は伸びますか?

 

A.

 

私の手元にあるデータだと17歳0ヶ月から最終身長まで約0.2cm程度伸びます

 

Q14.ラストスパートのコツを教えてください

 

ラストスパートのコツを教えてください!

 

A.

 

男性であれば16歳以上、女性であれば15歳以上という表現だと思いますが、ここら辺は結構難しいです。

まず最初のポイントとしては、期待できる身長の伸びをしっかり計算することが大事です。

 

結構皆さん一喜一憂しがちです。

1ヶ月で1cm伸びたらそれは凄いことでしょうか、落ち込むべき内容でしょうか、この質問はすごく大事なんですが、結構落ち込む人が多いです。

例えば16歳から1ヶ月で1cm身長が伸びたとして、「1cmしか伸びてない!なんでだ!!」と思う方も多いのですが、実は1月に1cmペースというのは年間で表すと12cmペースであり、驚異のペースということが分かります。

1ヶ月単位で考えると間違って悩むので、しっかりと認識することが大事です。

 

例えばラストスパートなわけですから、年間で1cmも伸びれば十分なことも多いです。

1cmであれば1ヶ月あたり0.1cm程度しか変わらないわけです。

実は0.1cmでも十分ということになります。

私のクリニックで治療していく場合だと、3ヶ月単位で評価していくというところを大事にしています。

1ヶ月単位だと誤差が多すぎて、3ヶ月でもまだまだ誤差が大きいので、本当に評価が難しいです。

少なくとも3ヶ月単位で計測・評価していくと良いと思います。

 

あとは一旦身長が止まってしまったという風に推定される場合ですと、色々な刺激を加えてあげるという意味で、前にお話したローヤルゼリーが良いかもしれません。

ローヤルゼリーにはデセン酸という女性ホルモン様物質が入っていますので、ラストスパート以外の人には基本的には私はオススメしないのですが、完全に止まったという方に関してはローヤルゼリーのようなものは刺激物としてアリかと思います。

もちろんこれはすごく推奨する内容ではないので、ご注意下さい。

 

Q15.ベッドと布団はどちらが身長にいいですか?

 

ベッドと布団では、どちらが身長が伸びやすいですか?

 

A.

 

一概には言えません。

あとほとんど変わらないというのが次の答えです。

どちらか選んでくれと言われたら、ベッドでしょうという表現になってくると思います。

 

なぜかと言うと、歴史的に見ても昔は日本人は布団で寝ていましたが、欧米文化が入ってきてベッドを選ぶ人が増えてきました。

なおかつベッドと布団が選べる状況になってくると、結構ベッドを好む人が多いです。

恐らく睡眠の質がベッドの方が幾分か高い、という風に皆さんが感じてらっしゃるからベッドを選んでいるのではないでしょうか。

そういった意味だとベッドの方がいい、という形になると思います。

 

まとめ

 

以上、参考になりましたでしょうか。

 

 

また、当院では身長治療を行っております。

興味のある方は、こちらをご覧ください。

 

身長治療

当院身長治療について

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME