メニュー

院長の身長ブログ

院長の専門の一つである身長に関するブログになります。

身長先生YouTubeもあわせてご覧下さいませ。

身長は寒い地域の方が伸びる?沖縄よりも石川の方が背が高い?(2021.08.03更新)

 

今回は寒い地域へ移住すると、身長が伸びる可能性があるということについてお話させて頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

はじめに

 

まず初めに共有したいのが、日本の47都道府県で最も身長が高い県、もしくは最も身長が低い県をご存知でしょうか?

平成26年度の学校保健統計調査のデータを見ていきましょう。

 

17歳男子の下位の県

 

17歳男子の下位の県はこちらです。

 

  • 47位:沖縄県
  • 46位:福岡県
  • 43位:島根県
             :広島県
             :高知県

 

この5つの県に関していうと、平均170cmを切っています。

これらの県は見て分かるように、暖かい県になっていますね。

当然ですが沖縄県は1番暖かい県で、日本で有名です。

沖縄県の17歳の時のデータになりますが、169cm未満になってきます。

 

17歳女子の下位の県

 

17歳女子の下位の県はこちらです。

 

  • 47位:沖縄県
  • 46位:徳島県
  • 45位:愛媛県

 

やはり沖縄県が1番身長が低くて、暖かい所にいる人の方が身長が低くなるのが予想できると思います。

対比の為に、上位3県を見ていきたいと思います。

 

17歳男子の上位の県

 

同じく17歳男子の上位3県はこちらです。

 

  • 1位:石川県
  • 2位:秋田県  
          :富山県
  • 4位:福井県

 

秋田県を除いて、石川県・富山県・福井県というのは北陸地方であり、とても寒い地域です。

私も実家が富山県で大学が石川県なので、その寒さはよく知っています。

冬は雪がよく降ってとても寒く、雨が多かったですね。

東京に出てきた頃には、本当に暖かいという印象が凄く強かったです。

今は東京に住み慣れてきたので冬も凄く寒く感じますが、それぐらい北陸と東京では差があったなという印象になっています。

これが男性の方を見て頂くと分かる通りですが、1番身長の高い県は北陸の方に集中しており、あとは東北の秋田県、つまり寒い地域の方が身長が高いということが分かります。

 

平成26年度のデータだけ見てみると、

 

  • 石川県:171.7cm
  • 沖縄県:168.8cm

 

少し極端な言い方をすると、仮に全く同じ条件だとしたら2.9cm身長が伸びるということで、寒いところへ移住すると2.9cm身長が伸びるかもしれない?と言えるかもしれません。

ちゃんとしたエビデンスはありませんし、このデータをすごく単純に解釈すると、そのように言えるかもしれませんね。

 

17歳女子の上位の県

 

女性の上位3県を見てみます。

 

  • 1位:東京
  • 2位:青森
  • 3位:大阪

 

東京・青森・大阪だけ見ると寒い地域は青森だけなので、女性の場合は男性よりも顕著に寒い方が身長が高いというのはここからは言いにくいです。

4位は石川県だったりとか、6位に秋田県・福井県が入ってきてますので、傾向としてはやはり女性も同じようにして、寒い地域の方のほうが身長が高いということが言えると思います。

 

世界の身長に違いはあるのか

 

皆さんもイメージして頂いた通りですが、東南アジアのように赤道に近い国は身長が低くて、北欧だったり、1番有名なのはオランダですよね。

あとはロシアやノルウェーだったり、寒い地域の人は身長が高いイメージがあると思います。

そういったように暖かい地域の方のほうが身長が低くて、寒い地域の方のほうが身長が高いというのは日本だけでなく、世界共通で言われていることになります。

 

例えば赤道にかなり近いインドネシアの平均身長というのは、

男性:158cm
女性:147cm

このように、日本人からするとかなり身長が低いのがよく分かるかと思います。

 

一方でオランダの平均身長は

男性:184cm
女性:171cm

男性に関して言うと、オランダとインドネシアの差は26cmもの差があります。

 

ベルクマンの法則

 

これはどういうことかと言うと、一般的に言われているのがベルクマンの法則、と言われています。

ベルクマンの法則というのは、ドイツの生物学者であるクリスティアン・ベルクマンという方が1847年に発表された法則で、動物は寒い所にいると体を大きくしようとする働きがある、という風に発表された内容になります。

 

ベルクマンの法則は体温維持のために体重当たりの体表面積が重要な意味を持っており、体重当たりの体表面積を小さくするということが目的になっています。

寒い地域でも体温をしっかり保つ時は、身長が高い方が保てるという内容になります。

例えばクマも南の方のクマと、北極の方のクマだと、寒い地域のクマの方が大きいというデータもあったりとか、人間だけでなく動物全体が寒い地域の方が体が大きいと言われています。

 

まとめ

 

寒い所へ行くと身長が伸ばせるかも、というような内容でした。

もし身長を伸ばしたい方で移住先が南か北かで選べるのであれば、もしかしたら北の方を選んで頂いた方が身長が伸びるかもしれません。

 

以上、参考になりましたでしょうか?

 

 

また、当院では身長治療を行っております。

興味のある方は、こちらをご覧ください。

 

身長治療

当院の身長治療について

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME