メニュー

院長の身長ブログ

院長の専門の一つである身長に関するブログになります。

身長先生YouTubeもあわせてご覧下さいませ。

晩熟系175cm!まだまだあきらめへんで!【身長先生】(2021.08.11更新)

 

本日お話させて頂くのは、晩熟系175cmへの軌跡です。

以前の「身長175cm欲しい方必見!本気で高身長を目指す方へアドバイス!」がとても好評であり、それに対してコメントで

「晩熟系だった場合の175cmへの軌跡を知りたい」

という声がありました。

前回は日本人の平均的な身長の伸びをした場合の175cmについて説明したので、今回は晩熟系175cmはどのようなパターンかということを説明していきたいと思います。

 

 

 

 

 

晩熟系の特徴

 

まずは晩熟系の特徴について簡単に説明していきます。

晩熟系の定義として、高校生の時も伸びて、高校卒業後も伸びるようなタイプの人、ということが挙げられます。

そんな晩熟系の特徴には

 

1:両親も晩熟系
2:兄弟も晩熟系
3:今自分は低いけど両親・兄弟の身長が高い

 

このような特徴が挙げられます。

両親の遺伝身長でいうと、両親の身長の合計が337cmになると遺伝身長が175cmなので、1つは晩熟系175cmという意味になると、ご両親の身長の合計が337cmは欲しいかなという印象になってきます。

逆にご両親の身長の合計が337cmを遥かに上回る場合で、今身長が低い方の場合ですと、晩熟傾向が強い可能性が高まってきます。

 

一方でご両親の身長の合計が325cmは欲しいという感じです。

それよりも低くても175cmにはいけないとは絶対言わないですけども、ご両親の身長の合計が325cmですと遺伝身長が169cmとなりますので、それぐらいは最低でも欲しいかなという印象です。

 

あと晩熟系175cmの特徴としては、思春期症状が遅い、ということが挙げられます。

思春期症状の目安として分かりやすいのは、陰毛の生える時期が13歳〜16歳ぐらいの時期に生えてくる、そういった時期に生えてくるのが晩熟系の特徴になってきます。

 

あとは晩熟系とは言っても、身長のペースが160mのペースなど、15cmも低いような状況から盛り返すというのは考えにくいかなと思います。

大体身長差で5cmぐらいです。

いわゆる170cmぐらいのペースで最初伸びていって、途中から追い返していって最終的に追い抜くというパターンが、晩熟系175cmの特徴かなと思います。

そういった感じで、今回データを作らせて頂きました。

今回21歳まで伸びると仮定したデータを供覧したいと思います。

 

晩熟系175cmの軌跡

 

それでは晩熟系175cmの具体的なデータを、一緒に見ていきたいと思います。

いつも通り、「学校保健統計調査」のデータを元に作成しています。

 

5〜8歳のデータ

表1

 

こちらが5〜8歳のデータです。

以前紹介させて頂いた右の黄色いライン、こちらが平均的な175cmのペースです。

それに対して左の赤いラインが、晩熟系175cmのラインとして今回作成しております。

具体的に言うと、5歳の時に晩熟系が105.7cm、それに対して平均的な175cmが109.4cm、ということで大体4cmの差があります。

 

6歳の時112cm対116cm
7歳の時118cm対122cm
8歳の時124cm対128cm

 

この時期は単純に晩熟になってくるので、この差はほとんど埋まらないと考えます。

なのでずっと170cmのペースです。

 

この時点で晩熟かどうか見極めるポイントとしては、先程お伝えした通りご両親の身長が遺伝身長的に175cmよりも圧倒的に高かったり、兄弟の方も晩熟だったりとか、そういった特徴になります。

それとは別に、例えばクリニックとかに来て頂くと、手のレントゲンを撮影し、骨年齢が1年ぐらい遅いのが晩熟系の特徴になってきます。

 

8〜12歳のデータ

表2

 

8〜12歳のデータです。

先程の5〜8歳は学童期の前半、いわゆる超少年というような時期です。

かなり子供だった状態から少年っぽくなるのが8〜12歳です。

人によっては少し思春期症状が出てくるのが、この時期の特徴になります。

読み上げていくと

 

8歳:晩熟系124cm、平均128.4cm
9歳:晩熟系129.4cm、平均134cm
10歳:晩熟系134.8cm、平均139.7cm
11歳:晩熟系140.5cm、平均146cm
12歳:晩熟系147.3cm,平均153.5cm

 

このような感じです。

晩熟系175cmはまだこの段階でも、175cmのペースに近づくことはないと思います。

逆にこの時点で近づくようであれば、晩熟系ではないかもしれません。

晩熟系はこの時点でも骨年齢が1歳ほど若いことが多いです。

大体なんですけど、1つの目安として見て頂くと、例えば晩熟系175cmの人は11歳で140.5cmのペースなんですけども、その人がレントゲンを撮ると骨年齢は1歳ほど若いという判定になってきます。

 

例えば10歳の平均的な175cmのペースが139.7cmですから、ちょうどぴったりです。

なので11歳の時点で140.5cmで、骨年齢も11歳だと晩熟系とは判定しません。

晩熟系の方は11歳の時点で140.5cmですが、骨年齢(手の年齢)は10歳ぐらい、そういった方ですとちょうど10歳の時の139.7cmの平均的なペースと合致しますので、やはり175cmに向かっているということが分かります。

 

12〜16歳のデータ

表3

 

次が12〜16歳のデータです。

ここから赤いラインが左から徐々に右にシフトしているのがご覧頂けるかなと思います。

表から分かる通り、ここから晩熟系も平均的なペースに近づいていきます。

具体的に言うと今回は13歳6ヶ月ぐらいから、赤いラインが右にシフトしていくんですけども、大体それぐらいの時期から思春期症状、他のお子さんよりも1年程度遅れて出てくる印象かなと思います。

 

ここから段々追いついてきて、14歳0ヶ月ですと晩熟系でも162.5cm、平均でも167.5cmということで、ちょっとずつ右側に近づいていくのが分かります。

16歳までくると晩熟系でも170cm弱まできて、平均的な175cmでも173cmということで、その差が今まで5cm程度で推移していたものが大体3cm程度まで詰め寄ってくるというのが特徴になります。

 

16〜18歳のデータ

表4

 

次が16〜18歳のデータです。

まずポイントを押さえて頂きたいのが、16〜18歳までは平均的に2cm程度しか伸びません。

それに対して晩熟系は170cm弱から173cmぐらいまで、大体3cm程度身長が伸びることが望まれます。

「1cmしか違わないじゃん」と思ったかもしれませんが、成長率でいうと

3÷2=1.5

なので、1.5倍のペースで身長が伸びているという表現もすることができます。

 

ついに18歳の時点で平均的な175cmのペースとの差が2cm程度まで迫ってきます。

そしてさらに晩熟系の特徴としては、ここから更に次のステージに入ります。

 

18〜21歳のデータ

表5

 

18〜21歳のデータです。

黄色いラインはもう身長が止まったという仮定なんですけど、晩熟系はここからさらに身長が伸びます。

 

18歳0ヶ月:172.8cm
19歳0ヶ月:173.4cm
20歳0ヶ月:174.5cm
21歳0ヶ月:175cm

 

このような形になります。

今回21歳で175cmに到達するペースで175cmが描かれています。

 

まとめ

 

大体最初は170cmぐらいのペースで、(平均との差が)5cmぐらいのペースから13歳ぐらいから少しずつ175cmに近づき、16〜18歳でより近づいて、18歳を超えてもやや身長が伸びて175cmに到達する、というのが晩熟系175cmの特徴になると考えます。

 

以上、参考になりましたでしょうか?

 

また、当院では身長治療を行っております。

興味のある方は、こちらをご覧ください。

 

身長治療

当院の身長治療について

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME