メニュー

【痛くないのに肩が上がらない!?】五十肩の人がマストで行う簡単ストレッチ3選【中期 応用編】

東京神田整形外科クリニック、五十肩リハビリ治療責任者・理学療法士の石山こと石Pです。 

本日は五十肩の痛みがなくなったのに、なかなか肩が上がらない時に行うストレッチ3選を紹介していきます。 

 

 

 

 

 

 

①ローテーターストレッチ

 

まず1つ目はローテーターストレッチです。 

伸ばしたい方の手を、机の上に斜め前に置きます。(写真1) 

ここから脇を机に近づけていくようにグ〜っと伸ばします。(写真2) 

伸ばしたら元に戻す、この動作を30秒やっていきましょう。 

 

写真1           写真2 

 

注意点は腕の角度です。 

伸ばした腕の角度によって、伸びる筋肉が微妙に異なりますので、自分が一番伸長を感じるところでストレッチしましょう。 

 

②トリセップスストレッチ

 

続いて2つ目は、トリセップスストレッチです。 

肘を上に曲げた状態で、机の前に出します。(写真3) 

ここから肘の先とお尻を遠ざけるように、グ〜っと伸ばしていきます。(写真4) 

伸ばしたら元に戻す、この動作を30秒やっていきましょう。 

 

写真3          写真4 

 

注意点としては、二の腕の伸びを感じながらグ〜っと伸ばしていきましょう。 

肘とお尻を遠くに」という意識を忘れないように行って頂くと、効果が出やすいと思います。 

 

③スリーパーストレッチ

 

3つ目はスリーパーストレッチです。 

肘を90度に構えて頂いて、机の縁につけましょう。(写真5) 

ここから反対の手を使って、下に伸ばしていきます。(写真6) 

机より下に下げていく感じですね。 

伸ばしたら元に戻す、この動作を30秒やっていきましょう。 

 

 写真5        写真6 

 

注意点としては、肩の後ろ側が伸びる意識を持ちましょう。 

また、このストレッチは肘や肩の位置がずれるとあまり効果が出ないので、必ず写真5のように正面に構えた状態で行いましょう。 

 

まとめ

 

お疲れ様でした。 

 

3つのストレッチが上手くできれば、ゴールまであと1歩です! 

「五十肩を引き続きしっかり治したいよ」という方は、過去のブログも参考にしてみて下さい。 

五十肩専門YouTubeチャンネルではすでに数多くの動画をアップしていますので、チャンネル登録や高評価などよろしくお願いいたします。 

 

 

実際にリハビリを受けたい方は、当院にお電話にてリハビリの予約を取って頂けるといいと思います。 

その際は、理学療法士の石Pをご指名下さい! 

 

以上、理学療法士の石Pでした! 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME