メニュー

五十肩でやってはいけないこと3選!注意点など詳しく解説!

【これだけはNG!】五十肩でやってはいけない行動TOP3!【五十肩 知識編】

 

東京神田整形外科クリニック、五十肩リハビリ治療責任者・理学療法士の石山こと石Pです。 

 

今回は五十肩でやってはいけない行動TOP3!について紹介していきます。 

 

リハビリをしている最中に、よくよくお話を伺ってみますと「これはよくないな」「そういう行動で症状を悪化させているな」という方をよく見受けます。 

そういうのをまとめてみました。 

 

 

 

 

 

 

第3位:振り子運動 

 

第3位は振り子運動です。 

これはよく言われます。 

患者さん側からもリハビリに来ていただいて、「振り子運動ってやらないんですか?」と言われるのですが、振り子運動が分からない人のために説明させていただきます。 

 

腕をぶら下げたような状態で脱力しながら体を揺すって腕がついてくる、それでだら〜っと振り子のように動かして、腕の重さで肩の周りの筋肉とかが伸びますよ、というような運動ですね。(写真1) 

 

写真1 

 

「あまり動かせない人でもこれだったら伸ばせますよね」みたいなのがコンセプトになっています。 

これだけ聞くと、とてもいい運動だと思いますよね。 

ただ大前提として、脱力して行わないと全く意味がないものになってしまいます。 

しかしながら五十肩の初期の症状で、脱力がうまくできる人はほとんどいません。 

そういう人にとっては振り子運動というのは、めちゃくちゃ難しいミッションなのです。 

運動自体はいいものだと思います。 

ただ再現度が低すぎてうまく行えません。 

 

実際マンツーマンでリハビリについて「こうやって力を抜いてやるんですよ」と言ってやっても、やっぱりうまくできないということがよくあります。 

肩を振り子のようにできなくて固めたまま動かしてしまって、このままブンブンやっていたら「やったせいで痛くなる」まであります。 

ですので、振り子運動が第3位になります。 

振り子運動自体は悪くありませんが、再現できる人が初期の症状の人だとほとんどいないかな、という理由ですね。 

 

第2位:休みすぎ問題

 

第2位は休みすぎ問題です。 

五十肩というのは、初期ほど安静にしなければいけません。 

ですので、先程も「運動するだけではダメだよ」「方法・やるべきタイミングなのかどうかというのがちゃんと合っていないあとダメだよ」というのをお伝えしました。 

 

しかしながら逆に初期症状が治まってからというのは、運動は欠かせません 

それにも関わらず擦り傷ができて、そのままだんだん傷が治っていくみたいなイメージで、ずっと放っておく人がいます。 

じっとして治すという、そういう方がいらっしゃいますが、これは本当にダメです。 

すごく予後に関わります。 

自分自身も動かせない期間が長引くのは嫌ですよね。 

 

ということで、五十肩の初期症状が終わったら運動は必須です。 

そういう意味で休みすぎはダメだよというのが第2位です。 

 

第1位:病院に来るのが遅すぎる問題

 

第1位は病院に来るのが遅すぎる問題です。 

第2位とも関連が深いのですが、肩を休ませて治そうという人は、総じて病院に来るのが遅れるケースが多いです。 

発症してから3ヶ月越し半年越しとか、長い人だと1年以上というスパンで、いよいよ病院に来るという人もいらっしゃいます。 

そういう方に聞くと皆さん口を揃えて、周りの人が「放っておけば治るよ」みたいな事を言ったので、「私もそういう風にして放っておいたらこうなっちゃいました」みたいな感じですね。 

 

これを踏まえて日本の論文からの引用なんですが、広義の意味で五十肩というものは患者数が日本で600万人ぐらいいると言われています。 

そのうちの8割は病院に行かなくても治ってしまう人ということですね。 

「80% 結構治るじゃん」と思うと思いますが、その80%の抽選から漏れた20%の人、そういう人は病院に来て治療を始めたら、短くて半年・長くて2年ぐらいかかる可能性があります 

そうなりたい人は誰もいないと思いますので、痛くなったり上がらなくなったら病院に来ていただき、それなりの対処をしましょう。 

その時はリハビリも行います。 

 

リハビリでは初期の管理方法、あとは今の肩のコンディションに合った運動の処方をさせていただいております。 

それですぐに良くなったら、それはいいと思います。 

そうしないで経過が長くなってしまって、辛い治療が長引いている五十肩の人をよくよく見ます。 

皆さんの治療が長引かせないためにも、早めに病院に起こしください 

 

「治るまでに時間がかかって大変だな」という気持ちは患者さんはもちろんそうだと思いますが、私達もそうです。 

なるべく早く治って早く不自由なく、お仕事・趣味・生活に戻ってほしいという風に思っています。 

ですので、なるべく早く病院に来ていただきたい、そう思っています。 

 

ということで、第1位は病院に来るのが遅すぎ問題でした。 

 

まとめ

 

以上、五十肩でやってはいけない行動TOP3!について解説させていただきました。 

 

  • 第3位:振り子運動
  • 第2:休みすぎ問題
  • 第1位:病院に来るのが遅すぎる問題 

 

こちらが今回紹介した行動TOP3でした。 

 

引き続き、五十肩をしっかり治していきたいという方は、過去のブログも参考にしてみて下さい。 

また、五十肩専門YouTubeチャンネルでも詳しく解説しています。 

 

実際にリハビリを受けたい方は、当院にお電話にてリハビリの予約を取って頂けるといいと思います。 

その際は、理学療法士の石Pをご指名下さい! 

 

以上、理学療法士の石Pでした! 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME