メニュー

ローヤルゼリーで身長が伸びるのは本当か?

1概要・噂のまとめ

2ローヤルゼリーの成分・一般的な効能

3ローヤルゼリーによって身長が伸びたサッカー少年たち(論文)

4ローヤルゼリーの女性ホルモン作用について(デセン酸について)

5まとめ・こんな方にローヤルゼリーはお勧め!?

 

下記内容は院長田邊が直接記載しております。

 

1概要・噂のまとめ

ローヤルゼリーは皆さんご存知の通り、女王蜂だけが食べるゼリーのことで、

高栄養価と言われております。その証拠?に女王蜂は他の働き蜂と比べて非常に大きく

その高栄養の恩恵を受けたと考えられたりもします。

そういった、高栄養価が子供の身長にとっても良いのではないか?という噂もあり、

実際にいくつか身長が伸びるサプリメントとして販売されている様子も見受けられます。

今回は、そんな身長が伸びる?という噂のローヤルゼリーについて院長の田邊で論文を検索しながら

検証して参りましたので、ご参考ください。

 

2ローヤルゼリーの成分・一般的な効能

ローヤルゼリーはどのような成分が含まれているのでしょうか?

ビタミンB(特にB5,B6)、アミノ酸、脂肪酸( デセン酸)と様々な栄養素が含まれ、アミノ酸においてはアミノ酸スコア100非常に高濃度のアミノ酸が含まれているそうです。

ビタミンB6はアルギニンを介して成長ホルモンを分泌させたり、

良質なアミノ酸タンパク質は身長が高い人は多く摂取している報告があることや、

単純に良質な栄養素の補給は長い歴史を紐解いても(この70年間で日本人の平均身長も10センチ程度改善しているのは栄養の改善?)、多くの栄養素を含む

ローヤルゼリーは確かに身長に一役買いそうな栄養素であることが示唆されます。

またロイヤラクチンと呼ばれるタンパク質が女王蜂に進化させる可能性があるとの報告もなされております。(下記論文参照)

 

その他一般的に言われているローヤルゼリーの効能

冷え性・肩こり・骨密度の改善・鬱など

 

 

 

コチラは2011年に富山県立大の鎌倉昌樹先生がNatureに投稿した論文です。:ロイヤラクチンが女王蜂に進化させる。

ただし一方でこの内容に関してはかなり議論がされているとの続報もあります。

 

 

 

3ローヤルゼリーによって身長が伸びたサッカー少年たち(論文)

 

2009年 セルビアの12歳のサッカー選手を対象とした論文です。

この論文では2ヶ月ローヤルゼリーを内服した群の方が 身長の伸びが良いと報告されています。

 

この論文を鵜呑みにすればローヤルゼリーは内服にするに値する!という結論になりますが、まだ

結論を出すには早いでしょう。

この論文は勿論素晴らしい論文なのですが、

・対象者が25人程度と少ないこと

・開始時の身長がローヤルゼリー群(152センチ程度)とコントロール群(158センチ程度)と離開が強いこと

・観察期間がわずか2ヶ月と非常に短いこと

などから参考にはなるが、ローヤルゼリーを強く進める材料にはまだならないとも言えます。

 

 

4ローヤルゼリーの女性ホルモン作用について(デセン酸について)

上記の通り、私もこの栄養素であれば短期的なデータであれば身長が伸びるのは良く理にかなっていると思います。

一方で、一点危惧している栄養素があります、それがデセン酸になります。

デセン酸はローヤルゼリーにのみ含まれる脂肪酸の一種で、女性ホルモン様の働きをすると言われている物質になります。

勿論、女性ホルモン様の働きは健康面においてはなんの問題もないため、大人が摂取する際は気にする必要がない物質になりますが、

”身長”という側面になると注意が必要です。

女性が男性よりも身長が低い理由は女性ホルモンであると言えるほど、女性ホルモンは身長にとってはマイナスに働きます。

 

 

 

上記の論文ではローヤルゼリーの女性ホルモン作用や骨端線への働きなどについての論文が投稿されております。

 

これらの論文からは、骨端線に対してはマイナスに働く可能性も考えられ注意が必要です。

 

5まとめ・こんな方にローヤルゼリーはお勧め!?

ローヤルゼリーまとめ

・ローヤルゼリーには身長を伸ばすという噂が存在する

・ローヤルゼリーは非常に多くの栄養素を含む

・ローヤルゼリーはアミノ酸スコア100である

・ローヤルゼリーはロイヤラクチンというタンパク質が含まれそれが体を大きくする可能性がある

・ローヤルゼリーはデセン酸という女性ホルモン様物質が含まれ注意が必要である。

以上をふまえて私個人の見解を最後に

・身長を伸ばすために絶対必須のものとは考えない

・ファーストチョイスとして提案される物質ではない

・身長を高くする可能性もあるが女性ホルモン作用がやや心配

・他の治療を行ったが効果が得られなかった人(特に16歳以上)はメリットデメリットを理解の上チャレンジしてみても良いとは思う。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME